TEL:023-645-3232 FAX:023-645-3235

石工事事例紹介-第18回-磐梯朝日国立公園_月山山頂方位石設置工事(後編)

  wpmaster   6月 06, 2014   石工事-事例紹介   0 Comment

前編に続き、”月山”山頂に建立される「方位石」、その台座石の設置工事
-後編を紹介いたします(施工:ナイガイ工事部)。

◆台座石の設置工事
2007年10月14日、秋晴れのこの日、いよいよ月山山頂での台座石設置工事が
行われました。大型ヘリコプターを使い、月山八合目をお借りした材料置き場から
山頂へと材料を運んでいきます。その際、山頂で設置工事を行う職人の方々も
ヘリコプターに同乗して山頂へ移動。午前11時より、設置工事は進められました。
IMG_2322_mini.jpg

IMG_2327_mini.jpg
今回の山頂での設置工事に協力して頂いたのは、東邦航空株式会社 さんの
スーパーピューマ アエロスパシアル式[AS332L]です。人員輸送や物資輸送に
使われるヘリで最大吊下重量は2,000~3,500㎏(出典:東邦航空㈱ホームページ
です。写真中央は、ヘリに乗り込む直前のナイガイ工事部 三澤課長。

B_mini.jpg
緊張感の張り詰めた雰囲気での作業。慎重に材料を降ろしていきます。

IMG_2329_mini.jpg
当日の月山 山頂の様子。早朝より登山に来ていた登山者の方々にもご協力
いただいきながら、工事は山頂付近の通路を一時的に封鎖する形で行われました。

IMG_2335_mini.jpg
月山山頂の地面にはもう雪があり、気温1℃という環境下での工事でしたが、
協力して頂いたお陰で、予定通り午後2時には無事に終了することができました。
方位盤となる石(写真の中央左)を含め、計4箇所に石が設置されました。
写真の右端、微かに見えるのは蔵王の山の峰です。
県のみどり自然課の皆様、元請け業者である本道寺建設㈱様をはじめ、施工に
携わった職人の方々、その他ご協力いただいた皆様に改めて感謝申し上げます。

IMG_2337_mini.jpg
山頂より望む姥ヶ岳方面の景色。その奥には湯殿山、そして朝日岳が続き
美しい稜線が登山者の心を和ませてくれます。
【ナイガイ工事部課長 三澤和夫】

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*