TEL:023-645-3232 FAX:023-645-3235

石工事事例紹介-第23回-山形西高等学校の正門改修工事

  wpmaster   6月 06, 2014   石工事-事例紹介   0 Comment

今回紹介するのは、山形県立山形西高等学校の正門改修工事
です(施工:ナイガイ工事部)。この正門のデザインは、「山形
カロッツェリア研究会」の代表を務める奥山清行氏によるものです。

正門門柱のデザインプランとして提案して頂いたのは、
①歴史と伝統の女子校という景観品質を醸し出す為、また
正面全景景観の統一感を形成するために、鋳物フェンスと
同タイプを組み合わせたデザインとした
②フェンス壁面と素材を統一的景観を形成するために、
素材に荒膚の石材を用いた

という2点。何より一番に目を引くのは校舎を囲う塀と同様に、門柱上部に
取り付けられた独特のフォルムを持つ鋳物製のフェンスです。
Image167_after_mini.jpg

門柱は御影石で作られており、既存の壁にある左官の”くし引き仕上げ”と
統一された景観を形成するために、通常のスクラッチ仕上げとは異なる
『手加工+バーナー加工による特殊スクラッチ仕上げ』 が表面に施されています。
( ↓ 既存の壁の表面には、左官の”くし引き仕上げ”が施されています)
VFSH0004_mini.jpg

( ↓ 今回製作した御影石の門柱 表面は特殊スクラッチ仕上げ)
JROT07b0_montyu_siage_mini.jpg

◆改修工事前の様子
IMG_1885_before_mini_mini.jpgIMG_1886_before_mini_mini.jpg

◆改修工事後の様子
Image179_kansei_mini.jpg
正門の正面にあった植栽を撤去し、壁面仕上げと門柱デザインに統一感を
持たせることで、開放的な空間が形成されています。

◆工事過程の様子
026_hei_kiso_mini.jpg
植栽を撤去した跡に、新たに壁と門柱を設けるための基礎工事

021_kabehosyu_mini.jpg
鋳物フェンス、門柱との統一感を出すために既存の壁にも補修を行う

017_pairu_uchi_mini.jpg
門柱を固定するためにパイル(トラックの荷台にあるパイプ状のもの)を打ち込む

Image086_montyu_mini_k.jpg
御影石で作られた門柱の搬入の様子

◎山形県立山形西高等学校ホームページ ⇒コチラ
◎山形カロッツェリア研究会 ⇒コチラ
◎奥山清行氏オフィシャルサイト ⇒コチラ

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*