TEL:023-645-3232 FAX:023-645-3235

限定キャラクター『東北復興!ご当地JIZO(地蔵)』

  wpmaster   Jun 12, 2014   新商品-お役立ち情報   0 Comment

東北の伝統文化や風物詩をモチーフにした、かわいいお地蔵さんです。
当社オリジナルの限定デザインです。
≪意匠登録 出願中≫

サイズ【大】  H(高さ)= 170mm 6種類
サイズ【小】  H(高さ)= 120mm 8種類

◎ 受注生産のため、納期は「2カ月後」となります。
1つ1つ丁寧に製作しております。造形は手加工のため、
見た目の風合いに多少の個体差が生じるある場合がございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01青森-ねぶた120s-06斜め左b
◆ 01 青森-ねぶたJIZO(地蔵)      (サイズ【小】 H(高さ)= 120mmのみ)
毎年8月に青森市で開催される“ねぶた祭り”のハネト衣装をモチーフにしたお地蔵さんです。ハネトによる掛け声の「ラッセ」の意味は、「(酒またはろうそくを)いっぱい(一杯)出せ」がなまって「イッペラッセ」となり、「ラッセ」が残ったものだと言われています。

02青森-りんご120s-06斜め左b
◆ 02 青森-りんごJIZO(地蔵)    (サイズ【小】 H(高さ)= 120mm / サイズ【大】 H(高さ)= 170mm)
全国生産量の約半分を占める有数の“りんご産地”=青森ということで、美味しいりんごを抱いたお地蔵さんです。ふじ・ジョナゴールド・王林などの品種があり、生産量は年間で約49万トン。段ボール箱(10kg詰)換算で積み重ねると、富士山の約2,603倍もの高さになります。

 

03秋田-なまはげ120s-01正面b
◆ 03 秋田-なまはげJIZO(地蔵)  (サイズ【小】 H(高さ)= 120mm / サイズ【大】 H(高さ)= 170mm)
「悪い子はいねがー」、「泣ぐコはいねがー」大晦日に秋田県(男鹿市、三種町、潟上市の一部など)の各家々で行われる伝統的な民俗行事“なまはげ”をモチーフにしたお地蔵さんです。「なまはげ」は、山の神々の使いとして里に来訪し、怠惰や悪事を忠告して災いを追い祓(はら)いにやってくる使者であるそうです。家人は正装をして丁重にこれを出迎えるという、日本の民間信仰のひとつです。

 

04岩手-南部鉄120s-06斜め左b
◆ 04 岩手-南部鉄器JIZO(地蔵)     (サイズ【小】 H(高さ)= 120mmのみ)
岩手県を代表する特産品として人気のある“南部鉄器”をモチーフにしたお地蔵さんです。17世紀中頃、江戸時代・南部藩の盛岡で、京都から釜師を招いて茶の湯釜をつくらせたのが始まりと言われています。「質実剛健・丈夫で長持ち」これが南部鉄器のイメージですが、描かれた様々な絵柄紋様は作り人の心の機微や温もりを肌で感じさせてくれます。

 

05岩手-北限の海女120s-06斜め左b
◆ 05 岩手-北限の海女JIZO(地蔵) (サイズ【小】 H(高さ)= 120mm / サイズ【大】 H(高さ)= 170mm)
じぇ・じぇ・じぇ!と2013年に大ブレイクした“北限の海女”をモチーフにしたお地蔵さんです。岩手県久慈市 小袖海岸で活躍する海女の総称で、NHK連続ドラマ「あまちゃん」に登場したことで一躍有名となりました。海女のはじまりは明治初頭。遠洋漁業が発展する中で、男たちが何日も家を空けるようになると、女性たちも畑仕事の合間に海へ出てアワビやワカメ、コンブを採り、換金するようになったのが始まりとされています。

 

06山形-花笠120s-06斜め左b
◆ 06 山形-花笠JIZO(地蔵)  (サイズ【小】 H(高さ)= 120mm / サイズ【大】 H(高さ)= 170mm)
「花笠音頭」にあわせて街を踊り練りあるく、“花笠まつり”をモチーフにしたお地蔵さんです。山形では毎年8月に花笠まつりが開催されており、【ヤツショ、マカショ。】の勇ましい掛け声と花笠太鼓が高らかに真夏の夜に響き渡るのが夏の風物詩となっています。「花笠音頭」の起源には諸説ありますが、大正中期、尾花沢で土木作業時の調子あわせに歌われた土突き歌が起源といわれており、昭和初期にこれが民謡化されたそうです。

 

07宮城-伊達政宗120s-06斜め左b
◆ 07 宮城-伊達政宗JIZO(地蔵) (サイズ【小】 H(高さ)= 120mm / サイズ【大】 H(高さ)= 170mm)
陸奥仙台藩の初代藩主“伊達政宗(だて まさむね)”をモチーフにしたお地蔵さんです。  有名な兜と独眼竜も再現しております。ちなみに、映画『スター・ウォーズ』のダース・ベイダーのマスクは、仙台市博物館所蔵の「黒漆五枚胴具足 伊達政宗所用」の兜をモチーフにデザインされたといわれています。

 

08福島-あかべこ120s-07斜め右b
◆ 08 福島-赤べこJIZO(地蔵) (サイズ【小】 H(高さ)= 120mm / サイズ【大】 H(高さ)= 170mm)
福島県会津地方の郷土玩具“赤べこ”をモチーフにしたお地蔵さん。― 807年、徳一大師が円蔵寺の虚空蔵堂を建立する際、人々が材木を運ぶのに難儀していると、どこからか牛の群れが現れ、材木の運搬を手伝ってくれた。重労働で多くの牛が倒れる中で最後まで働いたのが赤色の牛だった― とのことから、赤べこが作られるようになったそうです。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*