TEL:023-645-3232 FAX:023-645-3235

石工事事例紹介-第81回-「gura(グラ) OPEN にぎわいと歴史を紡ぐ 石積み工事②」

  naigai-st   3月 16, 2018   石工事-事例紹介   0 Comment

3月17日にグランドオープンする gura(グラ)
石蔵を改装した山形の新しい「まちなかの居場所」です。

gura yamagata-03ラウンジホールIMG_2205_

復原リノベーションされた石蔵/土蔵、
さらに石張りが施された開放的な広場も完成とのことで
オープン目前のgura(グラ)へ再度お邪魔させていただきました。
《 前回の紹介記事 → 「 にぎわいと歴史を紡ぐ石積み工事 」 》

3つの復原された蔵と開放的な広場があるgura(グラ)
gura yamagata-01レストランIMG_2141_
1つ目の蔵は Restaurant (レストラン)
現在は採掘されていない明治時代の中川石の石蔵を移築再生したもので、
四季と生産者さんをつなぐ新鮮で豊かなコース料理を楽しむことができます。

gura yamagata-02クラフトストアIMG_2211_
その隣りにある土蔵は、耐震補強で再生された CraftStore (クラフトストア)
山形を中心にセレクトされたクラフト製品や、オリジナルで開発された製品
gura craft が販売されています。
⇒ 山形市の石工石沢さんが手掛ける「石工の皿」は、 県産の蔵王目隙石を使い
“のみ切り仕上げ” で 1つ1つ丁寧に製作された手仕事の一品です

gura yamagata-OPEN前 外観IMG_2201_
一番奥にある石蔵は Lounge Hall (ラウンジホール)
イベントなどのレンタルスペースとして使用できます。
(記事冒頭の写真がラウンジホールの入り口外観です)

さらに石蔵と同様、山形県南陽市産の中川石による石張りが施された
開放的な広場では、コーヒー・お菓子などのお店が集まるマルシェも開催予定とのこと!!

gura yamagata-OPEN前 外観IMG_2179_

gura yamagata-OPEN前 外観IMG_2140_

gura yamagata-03ラウンジホールIMG_2163_

~~~
新しいヒト・モノ・コトに出会える 街なかの新スポット
yamagata gura (グラ) 公式ホームページは ⇒ コチラ

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*