TEL:023-645-3232 FAX:023-645-3235

ナイガイ墓石デザイン

新デザインカタログ「Last piece」が遂に完成!

ナイガイのお墓の新カタログ(18P)

– Last piece」あなたとの人生 そして今・・・・ –

が、完成しました。

昨今、お墓の概念も大きく変わろうとしています。

ちょっと前までは、お墓と言えば先祖代々の墓というのが当たり前でした。

お墓を建立する時もこのあと何代も入る事を考え、多少無理をしても大きく立派なお墓を選ぶのが普通でした。

お墓の形も時代に左右されにくい和型の伝統的なスタイルが主流となっていたのです。

ですが、最近では核家族化も進み、宗教観の変化などから各家庭ごと、個性的なお墓が増えてきています。

それによりお墓のデザインも多種多様となり、思い出などを模った個性的なお墓が増えているのが現状なのです。

ですが、個性や想い出をお墓として形にする事は並大抵な事ではありません。

また、それを選ぶ資料すらないのが現状なのです。

ナイガイはその声に耳を傾け、社内で研究と会議を重ね、故人様をイメージ化したデザインを完成しました。

これからは、時間をお金をかけず、イメージに近いお墓を探せる事でしょう。

お墓参りに行った時に、故人様がそこにいるような印象を受けることでより供養できますね。

お悩みの方は、一度ご覧になってみてはどうでしょうか?

解決の糸口が見つかるかも。ですよ。

是非、近隣の石材店様にお問い合わせ下さい。東北を中心に取り扱っております。

naigaiカタログ

  naigai-st   Sep 06, 2016   お知らせ, ナイガイNEWS, ナイガイ墓石デザイン, 新商品-お役立ち情報   0 Comment   Read More

平成26年(2014)『春の新作デザイン&定番墓石セレクション』墓石カタログ!!

施主様への提案用カタログとしてお使いいただけます。
下記のカタログは一部を掲載しております。
この他にもおすすめデザインカタログがございます。
ご希望の方は当社担当営業まで、お気軽にお問い合わせください。

▼ 平成26年(2014)NEWデザインカタログ

  wpmaster   Mar 21, 2014   ナイガイ墓石デザイン   0 Comment   Read More

2012年の人気商品〈 デザインランキング 〉カタログと、2013デザイン

当社オリジナル墓石デザインより、特にお客様からご好評いただいたものを集めた”人気商品〈デザインランキング〉カタログ” ― 2012年バージョンです!

2012人気デザイン01
2012人気デザイン02
*カタログデータにつきましては、担当営業までご一報ください。

◎ 平成24年(2012)ナイガイ春の大感謝市の様子は → こちら (さらに…)

  wpmaster   Jun 24, 2014   ナイガイ墓石デザイン   0 Comment   Read More

パンダ石を使った洋型の墓石

去る2008年2月22日(金)、23日(土)に山形本社展示場で行われた弊社-春の展示会では、”パンダ石”を使った洋型の墓石も紹介させて頂きました。

パンダ石-洋型(ダリア)
展示会当日、地層が作り出す神秘的な模様は来場者の方々からも注目を集めていました。自然の素材=石材を使うため、こういった模様があることは自然なことだと言えます。しかし、これまでは有効に使われていなかったのが現状です。

↓原石写真
パンダ石-原石
地層が作り出す模様は、ふたつとして同じものはありません。 (さらに…)

  wpmaster   Jun 24, 2014   ナイガイ墓石デザイン   0 Comment   Read More

工場・丁場(最上石(富沢石)ビデオ上映) 見学会

2006年度の東北芸術工科大学との産学共同企画
「第1回オリエンテーション」の翌週の6月15日、
降旗ゼミの降旗英史教授と生産デザイン学科のゼミ生の皆さんが弊社に来社されました。

目的は、石材が「どのような方法で」「どのように加工され」製品となっていくのか?
を実際に見て知っていただくためで、弊社の山形本社工場へ見学にやって来たのでした。

さらに、山形県 最上町の幸富石材販売様にもご協力頂き、
最上石(富沢石)の丁場(採石する場所:下記写真を参照)と工場をビデオで撮影し、
編集したものを学生の皆さんに見ていただくことにしたのでした。

1.本社工場見学 ~切断・研磨・字彫り~

まず初めは弊社の工場見学。スラブ(巨大な原石を輪切りにしたもの)の
切断加工や、製品の手直しに伴う表面の磨き加工、またはお墓に字を彫るための
字彫り加工など、学生の皆さんに加工の現場を間近で見ていただきました。

学生の皆さんの反応が比較的大きかったのは、磨き加工や字彫り加工だったようで、
まず「石を磨く=光沢(艶)がでる」というのが不思議に思えたようでした。
そして字彫り加工についても、先端から強い圧力で砂を吹き付けるペン状の
機械を使って字を彫るのですが、実際に彫ってある製品の精度に驚いていたようです。

また前回に触れた加工過程で出る”端材”についても、
実際によく出る端材(下の写真を参照)について真剣に耳を傾けてくれていました。

↓よく出る端材①
端材blog_import_4e07edafed389

↓よく出る端材②
端材blog_import_4e07edb09b890

↓よく出る端材③
端材blog_import_4e07edb13deb6

2.最上石(富沢石)丁場・工場VTR上映 ~丁場の様子・工場での加工について~

次は撮影してきたVTRを元に、幸富石材販売様の最上石(富沢石)の丁場と
工場での加工について観て頂きました。

※以下、VTR上映した内容について抜粋して紹介します※

最上石(富沢石)は安山岩に分類されており
特徴は熱に大変強く、安山岩の中でも富沢石は軟らかくて粘りがあるため、
磨くと花崗岩に近い艶が出る石です。(写真の石の右面が磨いた面です)。

最上(富沢)石-サンプル見本blog_import_4e07edb1e13e8
最上石(富沢石)は旧山形県庁、青葉城(仙台城)、霞城(山形城)、岩出山城、
戸沢城(新庄城)などに使用された有名な石なのです。

そんな最上石(富沢石)が採れるのは、下の写真のような景色が見える場所です。
石材が採掘される このような場所のことを”丁場”と呼びます。

丁場からの風景。地図は こちら

最上(富沢)石-丁場blog_import_4e07edb28c1ef

(さらに…)

  naigai-st   Jul 05, 2006   ナイガイ墓石デザイン   0 Comment   Read More

芸工大デザイン墓石 ~その後~ 印相編

今回は、東北芸術工科大学との産学協同企画の

”その後”を辿る第一弾。

第一弾を飾るのは、2005年 産学協同企画から生まれた

デザイン墓石『印相』です。

001_inso-

なんと今回 2006年5月20日(土)・21日(日)開催の

山形石工協同組合「石まつり」で『印相』が展示される

ことに決まり、多くの皆さんに見て頂けることになりました。

EPSON DSC picture

EPSON DSC picture

※こちらがデザイン墓石『印相』

(さらに…)

  naigai-st   May 18, 2006   ナイガイ墓石デザイン   0 Comment   Read More

産学協同デザイン墓石~その後~環想編

東北芸術工科大学さんとの2005年度 産学協同企画でデザイン/製作された

『環相(わそう)』≪デザイン:生産デザイン学科4年 大山朋子(2005年当時)≫が

このたび、秋田県秋田市の寺院墓地に永代供養墓として建立されました。

001_wasou

〔施工:秋田県由利本荘市 ㈱石苑 様〕

環想は、従来のお墓の形状とお墓参りのスタイルに変化を与えることで

その名の通り、故人と家族との繋がり”環(わ)”をより深めることをコンセプト

に作られたデザイン墓です。

002_wasou

≪デザイン:東北芸術工科大学 生産デザイン学科4年 大山朋子(2005年 当時)≫

003_wasou

丸みのある石塔を中央に配し、ゆとりのある「お墓の空間」を作ることで、

お墓=故人を囲む家族の”環(わ)”を自然といざなう新たなお墓の提案です。

(さらに…)

  naigai-st   May 12, 2008   ナイガイ墓石デザイン   0 Comment   Read More